「コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方」記載例など

NO IMAGE

記載要領

1.コーポレート・ガバナンスについての会社の取組みに関する基本的な方針(※1)、上場会社にとってのコーポレート・ガバナンスの目的などについて具体的かつ平易に記載

2.上場会社にとっての株主その他のステークホルダー(※2)の位置付け、経営監視機能に対する考え方、企業グループ全体における考え方などを記載

※1 方針の背景事情等を含む
※2 株主、従業員や消費者など、企業を取り巻くあらゆる利害関係者

記載例

例1

当社は、株主はじめ、顧客、従業員等のステークホルダー期待に応えつつ企業価値を増大させていくうえで、経営の健全性と透明性の確保が必要不可欠であると考えております。
そのため経営に対する監督・監査機能の充実を図ることは経営上の最重要課題の一つであると捉え、継続的にコーポレート・ガバナンスの強化を図ってまいります。

例2

当社は、事業の継続的な成長を目指すとともに、経営のチェック機能の強化、コンプライアンス及び企業理念の遵守を実践し、株主をはじめとした、全てのステークホルダーに対する経営の透明性と健全性を確保することをコーポレート・ガバナンスの基本的な考え方としております。

例3

当社は、持続的成長と中長期的な企業価値の向上を図るとともに、株主、取引先、従業員、社会等のステークホルダーに対する社会的責任を果たすため、コーポレート・ガバナンスを重視した経営体制の確保が必要不可欠であると考えており、経営の健全性・効率性・透明性を確保すべく、事業の拡大に合わせて適宜組織体制を見直し、最適な経営管理体制の構築に努めております。

例4

当社は、経営の規模拡大と企業の健全性・透明性の確保を両立させていくことが、企業価値・株主価値の持続的な増大のために必須であると認識しております。
その実現のために、コーポレート・ガバナンスの強化を重要課題とし、企業活動において内部統制を有効に機能させることを目指しております。

例5

当社は、●●することで社会に貢献することを通じて、株主、取引先、従業員、社会等の全てのステークホルダーから支持され続けるために、企業価値・株主価値の最大化に努めるとともに、意思決定の迅速化、経営の透明性・公正性を高めていく必要があると考えております。
そのために、内部統制システムの整備に注力するとともに、法令及び定款の遵守、リスク管理の強化、適時かつ公平な情報開示の徹底など、コーポレート・ガバナンスの充実・向上を経営上の重要な課題であると認識し、コーポレート・ガバナンスの強化に努めてまいります。

例6

当社は、株主重視の基本方針に基づき、収益の拡大と企業価値の向上のため、経営管理体制の整備及び経営の効率化・迅速化を進めてまいります。
また、社会における企業の責務を認識し、各種サービスを通じた社会貢献、ステークホルダーの調和ある利益の実現に取り組んでまいります。
そのため、事業活動の透明性及び客観性を確保すべく、業務執行に対するモニタリング体制の整備など、コーポレート・ガバナンスの強化に努めてまいります。

例7

当社は、経営の監視機能及び内部統制機能の充実、コンプライアンス経営の徹底を通じて、企業価値の向上に努めることを基本的な方針として、ステークボルダーの皆さまの信頼に応えるべく、経営の効率性、透明性の向上、企業価値の最大化と持続的な成長、発展に努めてまいります。

IPOカテゴリの最新記事