アラフォーサラリーマン必見!「40歳年収が高い会社トップ300」

年収イメージ
お金は多くて困ることはない。
給料は多いほうがいいに決まっている。

そうですよね。

だから知りたい給料のいい会社。

東洋経済ONLINEを一部抜粋してご紹介します。
なお、数字の根拠は以下のとおりでした。

各企業が発表した直近決算の有価証券報告書に記載された平均賃金と平均年齢を基に40歳平均年収を推計。推計に使用した賃金カーブ(賃金の伸び率)は厚生労働省が調査・発表している「平成25年賃金構造基本統計調査」の5歳刻みの賃金額(所定内給与+賞与)から業種分類ごとの賃金カーブを算出。その賃金カーブを各企業の平均年収と年齢に当てはめて試算。(データ出所:各社の有価証券報告書(2013年6月期~2014年5月期)、厚生労働省「平成25年賃金構造基本調査」を基に東洋経済が作成。

とりあえずTOP50は以下のとおりです。

順位 会社名 想定年収(万円)
1 キーエンス 1662
2 日本M&Aセンター 1602
3 野村HD 1452
4 GCAサヴィアン 1434
5 朝日放送 1386
6 フジ・メディアHD 1360
7 伊醸忠商事 1345
8 テレビ朝日HD 1314
9 東京海上HD 1306
10 ドリームインキュベータ 1303
11 三井物産 1283
12 三菱商事 1277
13 三井住友フィナンシャルグループ 1249
14 アクセル 1236
15 住友商事 1234
16 丸紅 1228
17 電通 1214
18 ソフトバンク 1185
19 日本テレビHD 1174
20 野村総合研究所 1134
21 シグマクシス 1132
22 損保ジャパン日本興亜HD 1123
23 キリンHD 1117
24 RKB毎日放送 1115
25 TBSHD 1098
26 三菱地所 1089
27 JXHD 1085
28 中部日本放送 1069
29 三井不動産 1068
30 三井住友トラストHD 1065
31 テレビ東京HD 1065
32 ヒューリック 1050
33 三菱UFJフィナンシャルグループ 1049
34 飯野海運 1040
35 ジャフコ 1034
36 グリー 1030
37 豊田通商 1030
38 プレサンスコーポレーション 1023
39 ダイピル 1010
40 日本オラクル 1007
41 日本エスリード 1004
42 双日 1003
43 商船三井 1002
44 サントリー食品インターナショナル 991
45 武田薬品工業 982
46 アステラス製薬 981
47 アサヒグループHD 980
48 日本郵船 979
49 wowow 978
50 東急不動産HD 976

まあ、会社名で分かるような企業が多いですが、私的には10位の「ドリームインキュベータ」、21位の「シグマクシス」、32位の「ヒューリック」、38位の「プレサンスコーポレーション」、39位の「ダイピル」が初見でした。

簡単に調べてみました。
ドリームインキュベータ
事業内容:VB投資・育成、企業コンサルが柱。リターン追求型の純投資抑制し、保険など事業投資に軸足。
従業員(単体):90名

株式会社シグマクシス(SIGMAXYZ Inc.)
事業内容:三菱商事系の新興コンサル。戦略立案から業務改善、システム導入まで一貫サポート体制。
従業員(単体):390名

ヒューリック株式会社
事業内容:旧富士銀行の銀行店舗ビル管理から出発。都区内の駅近接ビル中心に好物件所有、物件多角化へ。
従業員(単体):125名

プレサンスコーポレーション
事業内容:投資用ワンルームからファミリーやシニア向けの開発・販売に展開。大阪、名古屋、東京に拠点。
従業員(単体):172名

ダイビル株式会社
事業内容:商船三井グループのビル賃貸老舗。大阪発祥だが、大阪、東京の両都市部でオフィスビル展開。
従業員(単体):60名

ということで、コンサルが2社、不動産が3社でした。
まあ、見たところで年収が上がるわけではありませんが、お知り合いに務めている方がいらっしゃったら羨ましいと言ってあげてください。

51位以下は下記サイトで御覧ください。

<参考>
最新版!「40歳年収が高い会社」トップ300 | ランキング | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト